年齢36歳、7つ下の夫と国際結婚しています。ベビ待ち2年目真っ只中です。今年こそ授かりますように。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 不妊治療から開放されました - 子供のいない人生の選択
2009年10月21日 (水) | 編集 |
最後の書き込みになります。長くなりますが、通りがかった方はよかったら読んでみてください。

**************


最後のチャンス、3度目のIVF、ダメでした。

移植してから13日目。早期妊娠検査を自分でやっていましたが、全部陰性、そして今日激痛と共にリセット。
明日クリニックでの妊娠検査のアポがあったのですが、たった今電話でキャンセルしました。
クリニック側としてはちゃんと妊娠検査をクリニックでやって「陰性」という結果を出したいので来てほしいといわれましたが、私にはもうそんな気力もないし、行ったら余計につらくなるし、意味がないと思いかたくなに断りました。

最後のチャンスだったのだけど、準備段階の最初から思わしくなかったのです。卵胞を刺激する注射も限界までの量を打ったにもかかわらず、左の卵巣は全く反応なし、右は反応したものの、卵胞の育ちが非常に遅く、今までの倍の日数がかかりました。おかげで薬代もとんでもない金額に。

こんなに思わしくないなら、今期は中止して見送りたいところでしたが、保険の関係でそんなこともできず。先生もあまりやる気のない様子でしたし、とりあえず始めてしまったからには終わらせないとといった感じでした。

採卵はそれでも7個。うち受精したのは4つ。移植までに生き残ったのはたったのひとつ。しかもそれすら胚分割スピードが遅く、グレードも悪かった。なにもしないよりは.... ということでの移植になりました。どうやってここから希望が持てるのでしょう。

膣座薬は体に合わず、毎日かゆみに悩まされていました。


結果としては私の卵細胞たちはたくさんのものがもうダメになっているんだなーってことでした。
体がもう不妊治療を嫌がっているのが分かります。人工的に薬でホルモンを補充するというやりかたも私のライフスタイルには合っていないんだなってはっきり分かりました。

不妊治療は私にとって決して無駄なことだったとは思いません。やっていなければ後で「あの時やっておけばよかった」って絶対思うはずだから。


今まで十分に悲しんだもの。これからは夫とふたりっきりで楽しく生きていこう。お金をまたためなおして、今度は旅行に使ったり、小さな贅沢に使ってみたり。
不妊治療をしなくてもいいんだって思うと気持ちが開放された気持ちになります。楽になりました。

私はたとえお金を持っていても、IVFのチャンスが100回与えられていたとしても、不妊治療は継続しません。もう自分で納得したし、それよりも夫との一緒の時間を満喫したい。

不妊治療って、やろうと思えばえんえんとやり続けられる。要するに自分の「引き際」をどこに設定するかなんですよね。たとえば、IVFを何十回もやり続けてやっと子を授かったとしても、私にはやっと授かったがゆえに無意識のうちに子供に向ける過剰な愛や子供に対して過剰な期待をしてしまうんではないかという恐れもあります。しかもその子は一人っ子になる可能性のほうが大なのだから、子供としては重荷になるような愛情になってしまうような。そうなったら子を強く望みすぎると私のエゴのような気がしてくる(これはあくまでも私が自分自身に対して感じていることです)。
でも夫のつぶらな瞳と天然パーマ、私のぺちゃんこ鼻顔がうまくミックスされた私たちの子供に会いたかったです。絶対にかわいいと思う。
そんなことも含めて色々、色々、ほんっとうに色々考えました。

夫には申し訳ない。夫はまだまだ若いのに、私が年上だったために、私の卵巣年齢が実年齢よりも
老いていたためにこんなことになってしまった。

それでも運命を共に受け入れてくれた夫に心から感謝しています。


子供がいない人生もそれでも素晴らしいと思う。アシュトン・クッチャーとデミ・ムーアだって子供は与えられていないけれど、ラブラブだし、イチロー選手だって奥様年上で、子供がいない。セレブにだってけっこういるじゃん、子供のいない夫婦。
子育てに煩わされず好きなときに夜出たり、旅行へいけたり、一生新婚気分でいられるね。子育ての終わったカップルや、私たちのような子供のいないカップルと一緒にたくさん楽しいことできるし、いいことたくさんあるよね。


これが私たちの運命。
これが私たちに与えられた幸せなんだな。



お子さんを望んでいる皆様の上にかわいい赤ちゃんが与えられますように。
そして私達夫婦のように子供のいない人生の選択を余儀なくされた方には、心の慰めと、これからたくさんの幸せが与えられますように。



スポンサーサイト

 子供のいない人生の選択
2009年07月29日 (水) | 編集 |
ブログを休んでから8ヶ月が経つんですね。はやいな~。あれからまた年を一つ重ね、37歳になりました。35歳でこのブログを初めて、2つ年が増えた。

初めてのIVFの結果が陰性になってから、半年治療をお休みして、2回目のIVFにチャレンジ、そしてまた陰性の結果が出ました。

私の不妊の原因は、卵の質が良くないこと、卵細胞の数が平均よりも少ないことです。これは血液検査で分かることだそうです。
私の卵巣年齢は実年齢よりも5つぐらい上らしい。

エコーで見ると、卵巣が小さくなっているそうだ。

多分3度目のIVFもダメでしょう。保険が効くののは3度まで。もちろんもっとやろうと思ったら全額負担で何度でもできるでしょう。でもお金もほんとうに底をついてきたし、経済的にも限界。私の心も2度目のIVFで限界。たった2度目と思うかもしれないけれど、やはり心の悲しみを受け止めるのも、現実を受け止めるのも、周りがどんどん子供を授かっていく現実を受け止めるのも、大変な作業だと思います。


私の不妊の原因に思い当たるのがもう一つ。
私は長い間鬱でした。
よく「消えてしまいたい」って思っていました。

鬱のピークだったときに一度「生きたくない」って心から強く思いました。
自殺しようと思ったわけではない。ただ漠然と「生きたくない」と思った。

その思いが私の命をつかさどる能力を消してしまったのかな。

心のどこかで生きる気力、勢いというものを失くしてしまった。

なんても考えます。結局命をつかさどるというのは、生き延びる本能が働くんじゃないかと。

ボロボロだった私の側に気づいたらいてくれたのが、今の夫です。彼が私に初めて生きる喜びを教えてくれた人です。


最後のIVFは自分で区切りをつけるためにやるつもりです。そして前に進んで生きたいです。
子供がいない人生も悪くないよね。


次回は子供がいない人生の良いと思うことを書いてみようと思います。
あと、私の愛する夫のステキなところも。

高齢出産に関係ない内容になっていますが、このブログを更新するのもあと数回だと思うので、カテゴリーはこのままにしておきます。












 しばらくブログお休みします
2008年11月29日 (土) | 編集 |
FSH注射と黄体ホルモンを人工的に補充した反動かどうか分からないが、生理前の腹痛が今朝半端じゃなくすごかった。
痛すぎて息もちゃんとできない。手が震える。そして生汗が出て吐き気.....
のたうちまわって、叫びにも近いうなり声を上げていた。
痛すぎて、ついでに腰痛になってしまった。だんなちゃんに助けてもらってトイレまでたどり着いた。
だんなちゃんもオロオロしていた。

薬がようやく効いてきて、落ち着いたけれど、あの激痛は耐えられない。治療をしてリセットするたびにこの激痛を経験しなければならないのか。すごい恐怖なんですけど。


昨日今後のことを話すためにだんなちゃんと一緒にクリニックへ行って来ました。

しばらく治療をお休みしたいということを先生に告げました。

先生は「もちろん心の悲しみを受け止める時間は必要だから、また治療を開始する元気が戻ってきたらいつでもいらっしゃい」と言ってくれました。先生は患者が悲しい思いをしているってことをちゃんと知っていた。涙が出そうになった。

時間は無駄にしたくない。でも、きっと定められた時というものがあって、今は心も体もベビ待ちから休ませて上げる時だと思う。そしてその時間は決して無駄ではなく、意味があるものだと思う。

いつ治療を再開するか分からない。帰国もしたいから、そのタイミングを考えると、治療の再開はだいぶ先になってしまうかも。


ブログもしばらくお休みします。ほかの方のブログはのぞきに行くと思います。
治療再会したらまたブログをアップしたいと思います。

そのときまで皆さんお元気で!そして皆さんに一日も早くベビが来てくれますように!




 予想通り、だめでした
2008年11月26日 (水) | 編集 |
フライングの結果どおり、本日クリニックでの妊娠検査は陰性でした。

撃沈です。ベビを授かるように私のために祈っていてくれるお友達に結果を報告しました。予想通りの結果だったので、自分のなかではそんなにショックではなかったのですが、友達と話しているうちに涙が出てしまいました。

あさってだんなちゃんと一緒にクリニックに行き今後のことを先生と相談することになっています。

今までの高FSH値からするとどっちみちお休みすることになります。
休憩して、しばらくベビ待ちのことを考えないでいこうと思います。

IVFの周期はFSHの注射、黄体ホルモンの補充の影響で、お腹が張ったり、痛かったり、体がダルかったりしてました。そしてそんなときのだんなちゃんとの仲良しも体が敏感になっていて、痛かったりして、二人の夜のロマンスもすっかりなくなっていたのでした。

これからはベビ待ちのことは忘れてしばし二人だけの生活を楽しんでいこうと思います。体温も測りません。排卵日も計算しません(といっても無意識に意識してしまうのかもしれないけれど)。排卵日逃してもいいじゃん、どうせできないんだしぃ....ぐらいの気持ちで行きたいですね。


スポーツジムに通って筋肉つけて、友達と会って楽しいことして、来年の帰国を楽しみに待ち望んで先を見て過ごそう!
前を向いて歩いていこう。それしかできないもんね。




 生理周期24日目 フライングしちまった
2008年11月23日 (日) | 編集 |
採卵日から13日目でフライングしてしもた。

まあなんとなく分かっていたことではあるが、陰性でした。


分かっていてもやっぱりがっかりくるね。
「ベビがいなくても僕たちは二人で幸せだ。」ってだんなちゃんが言ってくれました。
そんなこと言われたら泣けてくるよな~。

その日の夜にだんなちゃんのいとこから電話がありました。彼の弟のガールフレンドが妊娠したと。
前回FSH値が高すぎて、私のIVF延期になった知らせを受けて泣いていた日に、そのいとこから連絡があり、彼のガールフレンドが妊娠したって知らせを受けた。

連続して私の撃沈の日に妊娠の連絡が来たよ。でも、私はこう思っています。
私とだんなちゃんはとても仲がいいし、経済的に豊かじゃなくても、幸せで心も満たされている。だから私たちは子供がいなくても幸せだ。比べることじゃないけれど、いとこ兄弟とガールフレンドは少なからずともパートナー同士の関係に問題があって不安定だ。それを思うと、私はベビはいないけれど、まじめで優しいだんなちゃんと安定した関係と信頼関係を持てて幸せだと思う。

昨日はだんなちゃんと一緒にレストランへ行きました。そのレストランでちょっとしたライブをやっていて、久々にワインを少し飲んで、いい気分転換になりました。



私の卵巣は疲れていると思うので、IVFはお休みしようと思います。2ヶ月、3ヶ月、それとももっと長く休むかははっきりわからない。でも、私の体を薬から開放してあげたいと思った。



いろいろ書きたいことがあるけれど、今日はこの辺で。
水曜日にクリニックでの妊娠検査があります。もう分かっているからやってもしょうがないと思うけれど、いちおうお約束なので、やるしかないね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。