FC2ブログ
年齢36歳、7つ下の夫と国際結婚しています。ベビ待ち2年目真っ只中です。今年こそ授かりますように。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 しばらくブログお休みします
2008年11月29日 (土) | 編集 |
FSH注射と黄体ホルモンを人工的に補充した反動かどうか分からないが、生理前の腹痛が今朝半端じゃなくすごかった。
痛すぎて息もちゃんとできない。手が震える。そして生汗が出て吐き気.....
のたうちまわって、叫びにも近いうなり声を上げていた。
痛すぎて、ついでに腰痛になってしまった。だんなちゃんに助けてもらってトイレまでたどり着いた。
だんなちゃんもオロオロしていた。

薬がようやく効いてきて、落ち着いたけれど、あの激痛は耐えられない。治療をしてリセットするたびにこの激痛を経験しなければならないのか。すごい恐怖なんですけど。


昨日今後のことを話すためにだんなちゃんと一緒にクリニックへ行って来ました。

しばらく治療をお休みしたいということを先生に告げました。

先生は「もちろん心の悲しみを受け止める時間は必要だから、また治療を開始する元気が戻ってきたらいつでもいらっしゃい」と言ってくれました。先生は患者が悲しい思いをしているってことをちゃんと知っていた。涙が出そうになった。

時間は無駄にしたくない。でも、きっと定められた時というものがあって、今は心も体もベビ待ちから休ませて上げる時だと思う。そしてその時間は決して無駄ではなく、意味があるものだと思う。

いつ治療を再開するか分からない。帰国もしたいから、そのタイミングを考えると、治療の再開はだいぶ先になってしまうかも。


ブログもしばらくお休みします。ほかの方のブログはのぞきに行くと思います。
治療再会したらまたブログをアップしたいと思います。

そのときまで皆さんお元気で!そして皆さんに一日も早くベビが来てくれますように!


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
みみんかさん、はじめまして。私も同じく36歳、アメリカ人と国際結婚し、現在米国在住の者です。
私がおかけする言葉などないことはわかっていながら、みみんかさんとご主人のもとに赤ちゃんが舞い降りて来てくれるよう願っていますということをお伝えしたくて、コメントさせていただきました。
みみんかさんの今回の生理痛ですが、私が高校・大学生だったときの生理痛の症状とよく似ています。痛みで体が痙攣、下を向くとぼたぼたと床に落ちる脂汗、うめきしか出ない状態。本当につらかったです。私の場合、薬を飲むタイミングが重要で、早すぎると効かず、また遅すぎると薬が効き始めるまで苦しまなきゃならないということで、ああ、痛くなってきたと思って少ししてから飲むようにしていました。ありがたいことに体質が変わったのか、20代後半くらいから薬を飲まなくても大丈夫になり今に至っています(ある意味、歳をとったということでしょうか‥?笑)。
しばらくお休みされるとのこと、どうか頑張ってきた心と体をゆっくり労わってあげて下さいね。遠くからお二人のことを応援しています。
2008/11/30(日) 07:31:14 | URL | yk #-[ 編集]
ykさんへ
暖かいコメントありがとうございます。
生理痛はひどいとほんとうに厄介ですね。救急車で運ばれる人もいるぐらいですから、私はそれに比べたら、あんなに苦しかったけれどまだましなほうなのかとおもったりもします。薬を飲むタイミング確かに大事かも。錠剤は薬が効くのに時間がかかるけれど、水に溶かして飲むタイプのアスピリンはすぐに効きます。ただし、痛みが朝方突然襲ってくるので、やっぱり痛みに耐えなくてはいけないパターン...でも錠剤を飲む前に、水に溶かすアスピリンをすぐに飲まなくちゃいけないってことは今回学びました。ykさんもその苦しみから解放されてよかったですね。
30代って良くも悪くも体質の変化ってあるものですね。お互いに体をいたわっていきましょうね。
2008/11/30(日) 19:22:11 | URL | みみんか #5Bglkylo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。