FC2ブログ
年齢36歳、7つ下の夫と国際結婚しています。ベビ待ち2年目真っ只中です。今年こそ授かりますように。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 体調の変化(期待出来ない編)
2008年01月08日 (火) | 編集 |
すでに高温期に既に入っています。今回はいつもとちょっと違う体調です。といっても妊娠を期待できるような体調ではなくて、「私の身体大丈夫カナ?」と思ってしまうような感じ。

排卵日と思われる2日ぐらい前から軽い腹痛がずっと続いています。最初は排卵痛かなと思いきや、排卵日が過ぎたであろう後にも毎日この痛みが続いている。そして乳首がすごく敏感になっていて、触ると痛いぐらい。これも排卵日ちょっと前から続いている。今日で周期18日目です。あまり考えないようにしているとはいえ、こんな体調になっているとなんかがっかりしちゃうな。黄体ホルモンが足りないのだろうか。前に受けたホルモン検査ではOKがいちおう出たはずなのだけれど。

今回は特に排卵日を意識せずに外も1日おきにすかさず仲良し。(といっても、そろそろ...って時期には結局盛り上がるんだけどね)。排卵日にこだわらず、いつも仲良くできたらいいなぁーって思ってます。

話は変わって

皆さんはパートナーをなんて呼んでいますか。名前やあだ名で呼んでますか?それとも「パパ」「ママ」?

私達夫婦は夫婦同士で名前、またはあだ名で呼び合うことを重視しています。私の知っている人は、子供ができる前からだんなのことを「パパ」と呼んでいる人もいたし、子供ができてからは特に「パパ」「ママ」と呼び合う人が多いですね。日本と私の見てきた海外の文化の違いが大きいと思いますが、私の住んでいるヨーロッパでは夫婦同士で「パパ」「ママ」と呼び合うことはほとんどないと思います。

人それぞれの考え方はありますが、私は子供ができても絶対に夫婦という清い聖域を大切にしたいです。それゆえのこだわりもあり、だんなちゃんにとって自分は女であり、妻であり、個人の人間であり、「ママ」ではないという領域をはっきりさせておきたいのです。
だんなちゃんが将来私を「ママ」なんて呼んでしまった暁には握りこぶしがだんなちゃん向けてぶっとびますよ~。だんなちゃんも同じ意見で、お互いいつまでたっても名前か、かわいいあだ名で呼び合おうというということになってます。私はだんなちゃんにはいつも「男」であって欲しいと願うし、私もいつも「女」でいたいと思います。

そのためにはやっぱり「親しき仲にも礼儀あり」なんですよね~。私達夫婦にもこの諺は適用されています。私の子供の頃のトラウマの影響大ですが。

1.下着または裸でうろちょろしない。
子供の頃母がよく下着姿でうろちょろしてました。髪もぼさぼさで、だらしなかった。
いとこの所に遊びに行くと、おじさんがブリーフいっちょうでうろうろしてて、気持ち悪かった。子供ながらにはっきりと不快感を覚えていた。

2.おならは公然としない。(もちろん不意をついて出ちゃうときもあるけれどそれは愛嬌でお互いに許す)
これも、家の恥さらしになりますが、両親が食事中にも遠慮なくやってて、すごーくいやだった。

コレ↑をやったら夫婦は色気のなくなったオヤジ、オバサンになってしまうんだと私は信じてます。ぜぇったいイヤダァァァ~
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
読みながら笑っちゃいました。

我が家は だんなのことは 名前の一文字を取って
●ーちゃんと読んでいます。
上の姉が小さい頃に パパのことを●ーちゃんったら・・・
と呼んでいたので 私の母に怒られました。笑。
彼は私のことが 名前で呼んでいます。
自分の都合が悪い時は決まってちゃん呼びです。笑。

下着姿は なおらず、小4の娘もです。トホホ・・・

おならは したら誤るようにしましょうとしています。

では・・・
2008/01/08(火) 09:27:45 | URL | you-ra #-[ 編集]
you-ra さんへ
確かに親が互いに名前で呼び合ってたら、子供も分からずに名前で呼んじゃいますよね。
こちらでは自分の親を名前で呼んじゃう人も少数ではありますが、いますよ。

なかには家では裸で過ごす夫婦もいるみたいですから、人それぞれですね。
2008/01/09(水) 18:02:25 | URL | みみんか #5Bglkylo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。